« 8月号。 | トップページ | 8月号届きました! »

2009年8月12日 (水)

地震。

最近、地震が多いですね(>_<)

うちのワンちゃんも震えているので、いつも「大丈夫だよ〜」と言ってますが、あれだけ揺れると、さすがに怖いです。


私は阪神大震災の被災者で、当時は大阪に住んでいました。
13階のマンションにいて、早朝、ものすごい揺れに、びっくりして飛び起きたのを覚えています。
妹と一緒に住んでいたのですが、妹がたまたま帰省していて、私1人。
その時はワンちゃんもいません。

真っ暗な中、びっくりして飛び起きてリビングに行くと、
スリッパの下で「ジョリ」とガラスの破片の音がして、
「あ、食器棚倒れたんだ」「あ、食器全部割れてる ! 」ということが分かりました。

何も分からないまま、でも、状況はあまり良くないことも分かったので、
とにかくとりあえず外に出て、とりあえず無事だということを両親に伝えようと、
エレベーターが止まっていたので13階を駆け下りて公衆電話から両親に電話。

このころは携帯も貴重だったんですよね〜。今考えると。
ピッチ(PHS)が出始めたところでした。

この時両親に電話をかけたのは大正解で、ここからは当分電話がほとんど通じなくなります。


とりあえず無事だということを伝えましたが、
両親もまだ何のことか分からず、「何何?」って感じでした。
私も何が起こったか分からないまま、
「とりあえず何かわからんけど、食器棚とか全部倒れてるし、
何かが起こったみたいやけど、とりあえず無事やから」と伝え、
また13階まで階段をあがり、自宅に戻ったものの、停電でテレビもつかないので、
とりあえず状況が全く分からないのです。


何時間かそのまま待機して、テレビの電源が入りました。
すると ! !
大火災の神戸の模様が映し出され、テレビはほとんどこの地震の特別番組になっていました。


そこで初めて何がおこったか分かりました !

それからも本当に大変で、話すと長くなるので書けないのですが、
妹のお部屋を後から覗くと、大きいテレビが、ちょうど枕のところに落ちていました !
たまたま帰省していて、その部屋で寝てなかったからよかったものの、
いつものように寝ていたら・・・と考えると、ほんとうにぞっとします。


その時の教訓。
「靴は偉大 ! 」
靴は本当に偉大です。
靴があるから、ガラスの破片もバリバリ割りながら歩けるし、
怪我しなくて歩けます。

当分、靴を寝室に置いて寝ていたのですが、今はすっかりまた忘れていました。
また置いておこうかな。


そして、
「水は貴重」。
スーパーやコンビニから、瞬く間に水が消えて行きます。
あの時ほど水が貴重だと思ったことはありませんでした。


そして、
「何かあった時のシュミレーションをしておく ! 」
特に今はワンちゃんがいるので、これとこれとこれを持って、このバッグに入れて、
と、考えておいた方がいいな、と改めて思いました。


本当に、すぐに、一刻を争って家を出なければいけない場合もあるかと思います。


私も、今考えてるのは、とりあえず、大きいバッグにワンちゃんを詰め込んで、
何はともあれ、人間とワンちゃんとで家を出る ! と。
あ、リードは絶対あった方がいいですよね ! !


命があれば、後は何とでもなる ! と。
ワンちゃんは絶対守らなきゃ。


大きい地震が来ると、やはり、思い出してしまいます。


みなさんも、「まさか自分の地域ではないよな」と思うと思いますが、
本当に災害はその「まさか」でいきなりやって来ますので、
一刻を争って家を出なきゃいけなくなった時のシュミレーションは
しておいた方がいいと思います !

私も忘れかけていましたが、改めて、災害にあったときの対策を考えておかなければ、と思います。


  

|

« 8月号。 | トップページ | 8月号届きました! »

日記」カテゴリの記事